スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.01.22 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「おおきな木」

「少年はその木がだいすきでした・・・」

KORATERSは絵本好き。
小さい頃からすきだったけど、娘が生まれて さらにすきになり、
旦那さんのmuraccioも絵本屋さんに再就職して さらにすきになり、
絵本集めが最近のコラッタ家のちょっとしたマイブームです。
せっかくなので、お気に入りの絵本をちょこっとずつメモしていこうかなと。
まず昨日買った絵本の中から 最近村上春樹が新訳して話題のコチラ!
名作中の名作「おおきな木」


 「おおきな木」
 シェル・シルヴァスタイン/作・絵
 村上春樹/訳
 あすなろ書房 



一人の少年と、一本のりんごの木
少年は木が大好きで、木とともに成長していく。
木もまた少年を愛し、少年の成長をあたたかく見守りつづける。
時は流れ、大人になっていき 木よりも大切なモノが増えていく少年。
でも木にとっては少年が全てだった・・・


本屋に行ったら平積みの特設コーナーが出来ててなにげなく手に取って読んでみたのですが、
これは・・・
今のあたしにはかなり心にズシンとくるものがあった。
ええ、ちょっと泣きました。マジで。


「あなたはこの少年に似ているかもしれません。それともひょっとして、
両方に似ているかもしれません。あなたは木であり、また少年であるかもしれません。
あなたがこの物語の中に何を感じるかは、もちろんあなたの自由です。
それをあえて言葉にする必要もありません。そのために物語というものがあるのです。
物語は人の心を映す自然の鏡のようなものなのです。」
(村上春樹/訳者あとがきより)


自分が似ているのは、いつまでも甘えっぱなしの少年だろう。
レビューを見てみると、木は本当に幸せだったのか?それでよかったのか?と
感じる声もあるみたいだけど、あたしは間違いなく木はそれで幸せだったのだろうと思う。
誰よりも。
人を愛するって、こういうことなんだろうな。

些細なことで傷ついただの傷つけられただのと
傷だらけのハートを持つ堕天使たちにこそ読んでもらいたい!!! 
大きな愛の物語。





スポンサーサイト

  • 2016.01.22 Friday
  • -
  • 10:11
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

profile

links

Instagram

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

Twitter

携帯百景

UNIQLO CALENDAR

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM

PR